Goolgeマップの検索をAIがお店やレストランなどを提案してもらえるような機能が試験展開されました。

こんにちは。

EPRESS MEO運営事務局です。
 

グーグルは2月1日(現地時間)、「Googleマップ」に生成AIを活用した「新しい場所発見」機能を試験展開すると公表しました。
この投稿では、検索でGoogle の継続的な取り組みにおける、AI 生成コンテンツの位置づけについて詳しく説明します。


新機能の概要

Googleマップが新しく提供する機能は、「新しい場所発見」と呼ばれます。
この機能では、生成AIを活用することで、ユーザーに合った適切な店舗や施設を提案することが可能です。



生成AIとは

生成AIは、アルゴリズムによって自動的に文章や情報を生成する技術です。
具体的には、自然言語処理技術を用いて、ユーザーの質問や要望に対して適切な回答や解決策を提示することができます。




Googleマップにおける生成AIの活用

Googleマップでは、この生成AIを活用して、ユーザーが特定の場所や施設を見つける際に役立つ情報を提供します。
具体的には、Googleが保有する近隣の店舗や施設の情報や、マップコミュニティからの写真、評価、レビューをAIが分析し、最適な提案を行います。

ユーザーは、自然な言葉で質問をすることができます。たとえば、「サンフランシスコでヴィンテージな雰囲気の場所はどこですか?」と尋ねると、関連するカテゴリ(衣料品店、フリーマーケットなど)の検索結果が表示されます。

さらに、ユーザーが追加の質問をすると、AIは新たな情報を考慮した提案を行います。
たとえば、「ランチはどうですか?」と追加の質問をすると、ヴィンテージな雰囲気にあった昔ながらのレストランなどが提案されます。

提案結果は、リストに保存したり、友人と共有したりすることもできるようになります。
この新機能は、アメリカのローカルガイド向けに実験を開始し、そのフィードバックを元に改善を行う予定です。

生成AIの導入により、Googleマップはよりパーソナライズされた情報を提供し、地図の利用体験をより一層便利で使いやすくすることが期待されます。




新機能の登場背景

Googleマップは、常に新しい機能の導入と進化を続けています。
ユーザーがより便利に利用するために、AI技術が活用されることが増えてきています。

 

Googleマップの進化

Googleマップは、世界中の店舗や施設の情報を提供することで、人々の生活をサポートしてきました。
しかし、ユーザーが特定の要件に合った場所を見つけることは、まだ完璧な体験とは言えませんでした。
それを解決するために、グーグルはAI技術を活用した新機能を導入します。



AI技術活用の流れ

新しい機能の核となるのは、生成AIです。
生成AIは、ユーザーの質問に対して適切な店舗や施設を提案します。
そのために、AIはグーグルが保有する店舗情報とマップコミュニティからの写真、評価、レビューなどの情報を分析します。
ユーザーは自然な言葉で質問をすることができ、AIが関連するカテゴリの検索結果を表示します。

今後は、生成AIの導入により、Googleマップはさらにパーソナライズされた情報を提供し、ユーザーの利用体験を向上させることが期待されます。
また、写真や動画に映ったものを検索できる機能や、さらなる新機能の導入も予定されています。

 参考情報:関連記事のリンク

 

 

新機能がもたらす恩恵

新しい場所発見」機能の導入により、ユーザーは以下のような利点を享受することができます。



ユーザーに向けた利点

まず、ユーザーは自然な言葉で質問をすることができます。
これにより、具体的なキーワードやカテゴリを知らなくても、自分のニーズに適した場所を探すことができます。
例えば、「サンフランシスコでヴィンテージな雰囲気の場所」といった質問をすると、関連するカテゴリ(衣料品店、フリーマーケットなど)の検索結果が表示されます。
これによって、ユーザーは試行錯誤することなく、簡単に目的の場所を見つけることができます。

また、ユーザーが追加の質問をすることも可能です。
たとえば、「ランチはどうですか?」といった質問をすると、ヴィンテージな雰囲気にあった昔ながらのレストランなどが提案されます。
これによって、ユーザーは一つの質問に対して複数の提案を得ることができ、より多角的な情報を得ることができます。

さらに、AIからの提案結果はリストに保存して整理したり、友人と共有することもできます。
これによって、ユーザーは見つけた場所を後で再確認したり、友人と共有することでおすすめを得たりすることができます。



地域やビジネスに対する影響

新機能の導入により、地域やビジネスにもさまざまな影響が期待されます。

まず、地域の魅力をより多くの人々に知ってもらうことができます。
AIが関連する情報を分析し、ユーザーに提案することで、知名度の低い場所やマイナーな業種の店舗も注目を浴びる機会が増えます。
これによって、地域の活性化や観光客の増加が期待されます。

さらに、ビジネスにとっても新機能は大きな利益をもたらします。
AIが店舗情報やマップコミュニティからの評価などを分析し、ユーザーに提案することで、新たな顧客獲得のチャンスが広がります。
また、提案結果が保存や共有が可能なため、ユーザーがリピーターとなる可能性も高まります。

以上のように、「新しい場所発見」機能によって、ユーザーだけでなく地域やビジネスにも大きなメリットがもたらされ、Googleマップの利用体験がさらに向上すると期待されています。





今後の展望

「新しい場所発見」機能の導入によって、Googleマップはますます進化の一途をたどることが期待されます。
具体的には、AI機能のさらなる発展が見込まれます。

AIは学習の進展とともに、より高度な判断や予測が可能になってきています。
今後、AIはユーザーの好みや趣味、嗜好に応じたよりパーソナライズされた提案を行うことが期待されます。

例えば、AIはユーザーの過去の検索履歴や行動履歴を分析し、それに基づいておすすめの場所を提案することができます。
また、AIはユーザーの属性や地域のトレンドに合わせた情報を提供することも可能です。

さらに、Googleマップの将来を考えると、より多くの機能拡張が期待されます。
AIを活用した新たな機能やサービスが追加されることで、より便利で使いやすい地図アプリとしての地位を確立することが目指されています。

これにより、ユーザーは必要な情報をより迅速かつ正確に入手することができるようになり、さまざまな場面での利便性が向上するでしょう。

総じて、AI技術の発展や新機能の追加によって、Googleマップはユーザーにとってますます不可欠な存在となり、日常生活の様々なシーンで活用されることが期待されます。

今後もGoogleは機能やサービスの改善を続けながら、ユーザーのニーズに応えるために取り組んでいくでしょう。
自身のGoogleビジネスプロフィールも情報の充実化を心がけましょう。
サービスページへGO!
参考URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/9296ab3c4603afc3e54838f8768fc2cfea656e14

資料請求
DOCUMENT REQUEST

MEOのことをより理解して頂く為に資料を無料でプレゼントしております。
店舗型ビジネスを展開されている経営者の方、MEO対策の代理店をお探しのWEB担当者の方は資料をぜひご覧ください。