Googleビジネスプロフィールの「特別営業時間」を活用しユーザーに正しい情報を届けましょう

こんにちは。
EPRESS-MEO 運営事務局です。

2023 年も残りわずかです。
年末年始お休みや時短営業でお店を運営するオーナー様もいらっしゃると思います。

今回ご紹介する「特別営業時間」を設定していないと、いつも営業していると思っていた時間や曜日にお店に行ってみたらお休みだった、、、
なんてことが起きてしまうかもしれません。

Google ビジネスプロフィールでは「特別営業」という項目があり普段とは違うお店の営業時間の設定ができるようになっておりますのでご案内いたします。


Googleビジネスプロフィールの特別営業時間を設定するメリット

正しい情報をユーザーに提供できる

年末年始やお盆、ゴールデンウイークなど普段とは異なる営業時間で営業する場合も、特別営業時間の設定をしないと通常の営業時間が Google ビジネスプロフィールに表示されます。そこで正しい営業時間を設定することでユーザーに正しい情報を提供できるようになります。

MEO にも影響が出る

MEO の検索順位にも影響が出てきます。検索した際に営業中である店舗と営業時間外である店舗では営業中の店舗が優先的に表示される仕組みになっております。せっかく休みの日に営業してもネット上では中々検索が出てこない状況になってしまう可能性もあるので正確な情報を保つことを意識しましょう。


特別営業時間の設定手順

1.自店舗の Google ビジネスプロフィールに移動
2.「プロフィールを編集」を選択


3.画面上部の「営業時間」タブを選択


4.「特別営業時間」の横にある編集アイコンを選択


5.日付を選択
・提示された日付を確認する場合:「確認」を選択


・カスタムの日付を指定する場合:「日付を追加」を選択し、日付を入力


・既存の日付を編集する場合:既存の日付を選択

6.営業時間を更新

・祝休日に営業する場合:「休業」チェックボックスをオフにし、開始時間と終了時間を入力
・祝休日に休業する場合:「休業」のチェックボックスがオンになっていることを確認



・祝休日の営業時間として複数の時間帯を追加する場合:その他アイコン→「営業時間を追加+」を選択し営業時間帯を入力





7.「保存」を選択

Googleビジネスプロフィールヘルプ参照
https://support.google.com/business/answer/6303076?hl=ja#zippy=

 

まとめ

Googleビジネスプロフィールは今最もお店検索で使われている場所です。
お店の情報を最新で且つ正確な情報を保つことはユーザーやMEOにとって非常に重要なことです。
店舗運営を行いながらGBPを正確な情報を保つことはとても大変で工数がかかりますし、GBPだけでなくSNSやその他の媒体も同時進行で運営していくのは至難の業です。
弊社では運営の代行や世界的リスティングサービス「Yext」で工数を減らしながら正確な情報を一元管理することが可能です。GBPの運営相談お気軽にお待ちしております。

https://www.epress-meo.com/yext
https://www.epress-meo.com/tool

資料請求
DOCUMENT REQUEST

MEOのことをより理解して頂く為に資料を無料でプレゼントしております。
店舗型ビジネスを展開されている経営者の方、MEO対策の代理店をお探しのWEB担当者の方は資料をぜひご覧ください。

資料請求はこちら